ブログ カンボジア学校感想文

rss
<<前へ次へ>>

「『本当に必要なもの』を考えさせられた1週間」[海外ボランティア感想文]

 written by ボランティアプラットフォーム 事務局投稿日時:2011/09/28(水) 09:10

【滞在期間】2011-09-14 ~ 2011-09-20 【総評】大変満足 【プロフィール】女性


(1)参加動機
私は以前から、発展途上国や戦争といった関係からカンボジアについてゼミで研究していて、実際に自分の目で見て経験して、本当に何が必 要で何をすべきなのかを知りたいと思いこのインターンへの参加を決めました。また、以前観光で訪れたカンボジアとは違う一面を知る事が出来るのではと思ったからです。


(2)参加した感想
とにかくあっという間でした。初めは、この生活を1週間も出来るのかな...という不安が大きくて自分の事でいっぱいいっぱいになっていました。しかし、学校で子供たちの一生懸命勉強する姿や「先生!」と呼んでくれる姿に、とても元気をもらいました。村での暮らしも学校も、決して設備が整っているわけでは無く、それでも常に笑顔の子供たちや村の人達。日本から来た私たちには足りない物が沢山あるように感じるけれど、この村での生活を通して、日本は物で溢れているんだとつくづく感じました。本当に必要があれば生きていけるし、人や物を大切にする事がとっても大切なことだなあと思いまし た。
 
また、学校で授業をしていくうちに、この子たちは何の為に日本語や英語を勉強しているんだろう?このクラスは何を目標に教えればいいのだろう?という疑問がうまれました。ただ教えて終わりではいけないし、何か目標を持てる環境があれば良いのにと思いました。その為にも日本に帰った今、この事を考えていかなければいけないなと思いました。それと、このインターンシップには先生を志望している子が多く、その子たちと疑問に思う事などを話し合って、違った意見を聞けるのも貴重な経験だと思いました。
 
1週間のカンボジアでのインターンシップは、思っていた以上にあっという間で、本当に内容の濃い1週間でした。初めに抱いていた気持ちが嘘みたいに、最後は日本人の仲間や子供たち、ステイ先の家族とのお別れが寂しすぎて涙が止まらないほどでした。
 

(3)今後、この経験をどのように活かしたいか
私はこの経験を活かして、NGOなどで働きたいと思っています。きっとまだまだ知識や足りない物があると思いますが、自分が経験して感じた事を現地で役に立たせていきたいです。また、今回の生活を経験して、他の国へ行って適応出来る自信がついたので、様々な国でも生活してみたいと思っています。

「カンボジアに行って」[海外ボランティア感想文]

 written by ボランティアプラットフォーム 事務局投稿日時:2011/09/28(水) 09:09

【滞在期間】2011-09-14 ~ 2011-09-20 【総評】大変満足 【プロフィール】女性

(1)参加動機
カンボジアについてほとんど何も知らなかったので、実際に行ってみたいと思いました。さまざまなボランティア団体のボランティアプログラムを探しましたが、プラットフォームのボランティア内容は日程を自由に組める点、ホームステイができる点、小学校で授業のお手伝いができるという点でとても魅力的だと感じ、参加を決意しました。私は日 本の大学で小学校教育について勉強しているので、カンボジアの小学校の現状を見に行くことができるのを楽しみに参加しました。



(2)参加した感想
初めてひとりで飛行機に乗り海外に行くということで、とても不安がありましたが、参加して本当によかったと思っています。現地ではたくさんの日本人との出会いもあり、日本の各地からの参加者と語りあったこともとても刺激的でした。そして何より、子どもたちと過ごした時間はとても濃く、私に向けてくれたたくさんの素敵な笑顔が今でも強く心に残っています。“ボランティア”という名のつくプログラムに参加したわけですが、一週間という短い間で私がしてあげられたことはほとんどないと言ってもいいと思います。それでも子どもたちが一緒に過ごした時間を楽しいと思ってくれたことがあって、ひとつでも多くの笑顔が生まれてくれていたのならそれでいいと思っています。村での生活は日本での生活とは程遠く、きれいな水も、十分な電気も、物資もありませんでした。新しい価値観に触れ、とても多くのことを考えさせられました。観光オプションでまわった場所もとても印象的で、カンボジアの歴史を感じました。悲しい歴史もあったカンボジアですが、今は笑顔で生活している人々がいました。カンボジアは貧しくて、支援が必要な面もあると思います、でも私はカンボジアの人がみな不幸であるとは思いませんでした。みんなの笑顔が本当に素敵だったからです。村では、初めて会う人でも目が合えば笑いかけてくれました。出会ったすべての人がこの先も幸せに暮らしていってほしいという思いが自然に芽生えました。どうか地雷を踏まないで、HIVに感染しないで、穏やかに、あたたかく、少しでも豊かな暮らしを送ってほしいです。カンボジアはとても魅力的な国でした。土の色、太陽の色、木々の色、人々の温かさ、すべてのものが忘れられない思い出となりました。出会ったすべての人々にありがとうと言いたいです。カンボジアには、また行きたいと思いました。そのときはもう少しクメール語ができるように、勉強しておこうと思います。オークン
 

「カンボジアでのボランティア活動」[海外ボランティア感想文]

 written by ボランティアプラットフォーム 事務局投稿日時:2011/09/28(水) 09:05

【滞在期間】2011-09-16 ~ 2011-09-21 【総評】普通 【プロフィール】女性
 

(1)参加動機
大学で言語教育を主専攻としているので、実践してみたいと思い、この活動を選んだ。ローカルな家庭にホームスティすることに興味があった。海外に行っても、ホテル暮らしではその国のことはわからないと考えていた。自分と同じ大学の人とばかり付き合っているのでは、価値観が偏ると思い、所属の違う人と考えを共有する機会を設けたいと思った。
 

(2)参加した感想
教育うんぬん以前に、現地の人の生活の仕方に驚いた。電気・ガス・水道がなくても生活はできると思った。何度も来る日本人に慣れているのだろうが、トンレアップ村の人々はみんな優しかった。
 
私はクメール語はわからないし、むこうも日本語はわからないが、喜怒哀楽の表情は共通なのだと知った。笑って手を振れば振り返してくれるし、帰国日に泣いている私を見れば、抱きしめてくれる。言語教育に行ったのにこんなことを言ってはなんだが、言葉だけが意思疎通の手段ではない。
 

(3)今後、この経験をどのように活かしたいか
率直に言うと、日本語教育のスキルが上がったとか、知識が増えたとかいうことはなかった。だから、直接自分の研究内容につながるものではない。しかし、途上国で暮らした経験は、絶対に今後に活かせると思う。実際、今後もこういうボランティアがあれば参加したいと考えている。青年海外協力隊への参加も前々から考えていたので、応募する自信がついたというか、踏み出す勇気が出た。
<<前へ次へ>>