ブログ フィリピン・ボランティア感想文

rss
<<前へ次へ>>

「みんなありがとう」[海外ボランティア感想文]

 written by ボランティアプラットフォーム 事務局投稿日時:2011/09/19(月) 14:04

【滞在期間】2011-08-29 ~ 2011-09-12 【総評】大変大変満足  【プロフィール】男性


(1)参加動機
2年前に先輩がフィリピンの別のボランティアに参加させてもらい、その話を聞いているうちにフィリピンに関心が湧きフィリピンボランティアに参加することを決めました。もちろん子どもが大好きで、先輩たちの写真ではフィリピンの子どもたちの素敵な笑顔がたくさんあったので、実際に現地へ赴き自分でも体験しようと思いました。


(2)参加した感想
まず初日に我々が住んでいたスラムへ着いたとき、日本では考えられないような環境を目の当たりにしました。ガタガタの地面、汚水がだだ漏れ、2畳くらいしかスペースのない家などなど、自分が想像してたのをはるかに超える現状が、そこにはありました。もちろん水も日本ほど余裕はなく、トイレやお風呂でも水が充分に使えないことを体験した中で、いかに普段日本で生活している環境が良いものなのかを痛感させられました。
 
ここで生活していた中で、「ボランティアとは何か」という問題を考えさせられました。出発する前、自分の中でのボランティアとは、ただお腹が空いている子どもに食べ物を与えることや、お金が貧しい人にお金を与えて少しでも彼らの生活が良くなるように手助けをすることだ、と考えていました。
しかしそれはボランティアではないということを、マスターの話から気付くことが出来ました。さっき書いた内容では、ただ子どもの野良犬が可愛いからと言ってエサを与え、犬は何もしなくてもエサがもらえると思いこんでしまい、そのまま大きくなった後、可愛くなくなったからエサをあげない、という状況になってしまう。このようになると野良犬はその後、なんでエサをくれないんだ!と人を襲うようになってしまうんだ。という話を聞いてから、自分の考えていたボランティアはボランティアでなく、偽善者だということを考えさせられました。

そこで給食配給のフィーディングやファーストエイド、空手の指導などを通して、スラムに住む子どもたちに「秩序」を教えていく過程の中で、ありがとうやごめんなさいも言えない彼らの将来のために、少しでも貢献する機会が毎日ありました。最初はなかなか恥ずかしくて、ありがとうと言えなかった子どもがありがとうと言えるようになったとき、同じようにごめんなさいが言えるようになったとき、本当に嬉しく感じました。日本ではあたりまえのように思えることがフィリピンでは当たり前でないことを目の当たりにしたなかで、いかに自分が彼らに貢献できるかというコミュニケーションを図ることが出来ました。
  
さらにここで生活をしている中で、日本での生活や自分を生んでくれた両親、自分を支えてくれている人たちへの「感謝」の気持ちが一層強まりました。

ゴミを拾ってそれを売って生活を凌いでいる子どもたち、スモーキーマウンテン付近でバクテリアだらけの川でビニール袋を洗ってそれを売る人たち、寝る場所がなく外で寝る人たち、住む家がなく物を運ぶ荷台にブルーシートで覆ってそこに住む人、ペンキの缶を使ってご飯を炊く人など、いろんな生活をしている人たちを見ることが出来た。自分がもし、万が一彼らと同じところに生まれていたとするなら、もちろん彼らと同じような生活を強いられるに違いない。それと比べて日本では、安全な生活は保障され、両親にご飯を食べさせてもらい、寝る場所があり、冷暖房のクーラーで快適に生活が出来る、そんな生活をしているのではなく、両親のおかげで「させてもらっている」という感謝の気持ちがありました。今まではいろんなスラムの写真を見たり話を聞いたりして、ある程度の感謝の気持ちはありましたが、それは単なる頭で考えた感謝であり、心で感じた感謝ではない、というところでも、このスラムでの生活を通して学ぶことが出来ました。

「ナンバー1でもナンバー2でも、なんでもいいからちゃんとやれ!」と「やるなら今しかねぇ!」。この言葉は現地スタッフのマスターが言っていた僕の大好きな言葉です。このフィリピンボランティアに参加して、この言葉をマスターから聞いて、何事にももっと積極的に行動しなければならないこと、そして行動に移すことはまさに今しかないということも学びました。ボランティアをするにしても、日本で勉強やバイトや何事においても、これらの言葉は常に意識するようになりました。さらに、半分は自分、残り半分は他への思いやり、という「自他共栄」の信念も学んだことによって、この15日間のボランティアはより良いものとなりましたし、自分自身でも大きく成長することが出来ました。

スラムに住む子どもたちの笑顔は本当に輝いていました。無邪気にいつも笑っている彼らが大好きですッ!是非、もう一度でも二度でも、同じ場所に訪れたいと考えています^^!その時はもっともっと成長して、みんなと会えることを楽しみにしています☆

 
(3)今後、この経験をどのように活かしたいか
今後、このフィリピンで学んだ経験をまず自分自身で常に感謝の気持ちを忘れないこと、そして残り半分を他への思いやりを持って行動していきたいと思います。また、将来教員の立場に立つにあたって、国際理解や国際交流などの面においても幅広く貢献し、生徒たちに感謝の気持ちを教えていきたいです。

「感謝の気持ち」[海外ボランティア感想文]

 written by ボランティアプラットフォーム 事務局投稿日時:2011/09/19(月) 13:59

【滞在期間】2011-09-01 ~ 2011-09-10 【総評】大変満足  【プロフィール】女性

(1)参加動機
以前から東南アジア、特に貧困地域の情勢に興味があったのでテレビや写真でその光景を目にすることがありま した。そしてその実態を自分の目で見たいと思って参加させていただきました。


(2)参加した感想
まず、マスター、ハッピーキッズのみなさんに感謝します。10日間本当にお世話になり、ありがとうございました。
 
正直に言うと、初めてスラムに足を踏み入れた瞬間、本当に大丈夫か!?という気持ちでいっぱいでした。日本では見たことのないような光景を目の当たりにしたからです。しかし、それと同時に人々の笑顔に触れ、少し安心したのを覚えています。
 
フィリピンで生活して、自分の思っていたことが大きく覆されたことが本当に沢山ありました。特にスモーキーマウンテンは印象深いものでした。実際に見るまで、スモーキーマウンテンは単なるゴミの山でそこにいる人はかわいそうだとしか思っていませんでした。しかし、現実は異なっていました。そこでは、小さな子供から老人までたくさんの人々が生活していました。ゴミを拾いそれを売る人、ゴミの中から使えそうなものを選びリメイクしたものを売る人・・・そしてそれを売ったお金でテレビやバイクなどを買っている人もいました。またその地域一帯、地熱発電により 街灯がついていました。これを見て自分の無知さを恥じ、状況を多方面から見ることの重要性に気づきました。
また、マスターがおっしゃっていた「孤児院の子供たちはかわいそうなの?」という言葉も心に残っています。 初めてこれを聞いた時、「親がいないんだからかわいそう」と思いました。しかし、フィリピンには子供に無関心でお酒 やギャンブルなどに夢中になっている親が多くいると聞きました。もちろん日本にも育児放棄をしている親はいると思い ますが、程度や数が違うと思います。そのような子供たちよりも衣食住そろった環境で暮らす孤児院の子供たちの方が幸せなんじゃない?という意見には納得させられました。そして日本で考えていたことが世界に通用するわけではないということも教えていただきました。
 
この10日間、ボランティアとは何か、そしてボランティアの難しさを考えさせられました。ボランティアをしに行ったのに何を言っているんだと言われそうですが、ボランティアはボランティアを行っているという意識の元に起きる動作ではないと感じました。本当のボランティア精神は、見返りを求めず、自分がこれをやったんだ!これを残したん だ!という思いを捨て、人のために見て感じたとおりに動くということです。
 
スラムで過ごした10日間は私の考えを大きく変えてくれました。このように啓発してくださったマスターには感謝の気持ちでいっぱいです。本当にありがとうございました。


(3)今後、この経験をどのように活かしたいか
10日間で感じたことは、自分の無知さと自分の考えの甘さです。もっと世界の情勢を知るべきだと感じています。また、常に感謝の気持ちを持って行動し、どんな時も人のことを思って生きていきたいです。
 
本当に本当にありがとうございました!!

「フィリピンのボランティアに参加して」[海外ボランティア感想文]

 written by ボランティアプラットフォーム 事務局投稿日時:2011/09/19(月) 13:49

【滞在期間】2011-09-01 ~ 2011-09-14 【総評】満足  【プロフィール】女性
 
「フィリピンのボランティアに参加して」
(1)参加動機
大学1年生の時にある授業でOBの方が海外ボランティアの話をしてくれたことがきっかけで、大学在学中に海外ボランティアに参加したいと思っていました。そして今回日本で大きな地震があり、国や国民の協力で震災前と同じようにはいかないにしろ、日常生活を送れるようになっています。しかし教科書で習った貧困区ではずっと昔から同じところが教科書に挙げられているのに、なぜ改善できないのか、実際今日の状況を自分の目でちゃんと見たいということもあり、このボランティアに参加しました。
 
(2)参加して
まず参加して思ったことは、自分の無力さです。そして、私がどれほど恵まれた環境で、どれだけの愛情を注いでもらって、どれだけ幸せな人間かがわかりました。私は海外ボランティアに行ったこともなければ、海外旅行にも行ったことがありません。
 
なので、どれほど海外が危ないかもわかっておらず、今回訪れたフィリピン(スラム)がどれほど危険なのか最初の頃は分かっていなかったと思います。だから、たくさん怒られましたし、子供たちにも迷惑をかけました。(子供に私がボランティアされている状況・・・)
 
慣れていくにつれて、徐々にどういう風に危険(人間)で、また自分が怪我をすることがどれ程危険(環境)かもわかりました。この環境の中で生活をしている子供はそれが普通のことで、何が幸せで何が不幸かと自分の物差しで測るのは本当にバカなことだと思いました。マスターが「スモーキーマウンテンの子供がかわいそう?孤児院の子供がかわいそう?可哀想じゃない!」(大分省略しましたが)と言っていましたが、孤児院の子は私も3食ご飯も食べれて、寝床もあって、他の子供に比べたらって思いました。でもスモーキーマウンテンの子供はかわいそうと思ってしまってました。実際はそうじゃなく、私が見ていたあのごみの山はお金になるものがたくさんあって、むしろそこに行けば仕事があって、ごみの山のふもとにはそこでの生活があって、布団を作っていたり、学校帰りの子供もいて遊んでいる子供、仕事をちゃんとしている大人や若者の姿がありました。宿泊させていただいたところやフィーディングのところとは大きな差があると思いました。そこで多くの発見があって、知って、本当に何も知らなかったんだなとつくづく思いました。
 
また、「他人にボランティアする前に親にボランティアしろ」と言われた時本当に「ほんまやわ」と思いました。私の母は小学校の時から難病で最初は医者にいつ死んでもおかしくない(突発的、発作的にという意味で)と言われてもう十数年たって、病気の母が私たちにとっては普通のことで、家族の中でも受け入れられて、それが私たちの普通で、でもそれに自分が慣れてしまっていることに気づかなかったことにきづいて、気づいたときは今すぐにでも早く帰りたいと思ってしまいましたし、自分に情けなく思ったし、でも遅くなったけど本当に今きづけてよかったと思いました。大学の費用は自分ですべて払っていますが、実家から通っているので、食費だって光熱費だって親に出してもらって、年収利益が今年は100万ちょいしかなかったり苦しい時期なのに、自分で払うなら海外ボランティアに行っても別にいいっていってくれて、どれほど自分が親に甘えていたかわかりました。
 
また、私は受け身の多い人間で、誰か指す人がいなくなったら自分でなんとかするけど、いたら頼ってしまったりしてしまう、自分に甘い人間だと思いました。もっとマスターがいったように頭で考えてとろとろ動くんじゃなくて、感じて動くということがなかなかできなかったことが、今回参加した反省点だと思います。誰かが指してくれるんじゃなくて、その前に察して動けるようにしないといけない。それにアデノシン三リン酸(ATP)だって、言ったら「大学でこれをならって知ってたかって役に立たない」と皆の言われてしまいそうで、よく授業で話聞いてなかったりしたときに使う便利な言葉「覚えてないです、わかりません」を思わず言っていたり。そういった小さいことも、はっきり言ったり、もっとミーティングだって自分自身の意見を恥ずかしがらず言うべきだったなと後悔しています。自分が物凄い小さい頭してるなあと思ってしまいます。
 
帰ってからの後悔はたくさんあって、きっとこれを読んでいるだけで欝な気分になるかもしれないのでよかったことを今から言います。まず、マスターの意見にはじめは賛同できないところがぽつぽつあって、「何でそんな考えなん!?」と少し否定気味のスタートでした。さすがにカチンとくることや傷つくこともあって言い返したいと思ったけど、次第に何年も住んで経験を積んで出た答えをたった2週間のボランティアでしかも今まで海外ボランティアしたこともない、数日しかたってない私が言う資格はないと思いました。むしろ、(言い方はあれですが)ベテランの意見を自分がそれを吸収して考えて自分で答えを出していかなアカンと思いました。正直いうと全部を全部理解できて賛同できたかっていうとウソになるし、すべて自分のモノにちゃんとできてるともいえません。経験のない私にとって、ボランティアは何かから考えなければいけなく、それ自体とも答えを出すのには難しすぎて、この2週間はあまりにも短すぎて、もっといたらもっとマスターの意見をたくさん吸収できてもっと良かったと思います。(私がとろいからかもしれません)何度も言われたことなのにできていなくて、怒られて、「ほんまやん、いわれてたやん!!ああ、最悪やあ」とめっちゃ悔しい思いもしました。(実はしてたんです、特にオカマの時とか)
 
フィーデングも最終日いろいろなところで、させてもらいましたが、どこも結局パンが足らず、もっとあげられれば、まだまだ後ろには子供が並んでいるのに何も渡してあげられない無力感と、たくさんのパンを配ってあげられたという自己満足と2つありました。そして、途中で大人がお酒を飲みながら自分も頂戴と冗談でも(平日ビリヤードみたいなのをしている大人が!)それを言うのかと、こんなにほしがっている子がいるのにと、腹が立ったり。それでも、だだをこねる子供なんていないし、だからこそもっとあげたいと思ってしまいました。そして食べている子はすごくそのぱん1つをおいしそうに食べていて、おいしい?って思わず聞いちゃいたくなりました。
 
こういったことをさせていただいて、自分がボランティアをしたというよりマスターに、子供たちに、させてもらった状態でした。でも、本当にいい経験をさせてもらって、本当にスラムの生活を子供を現実を人を多くを見せてもらえたことにホントに感謝しています。もっと自分で自立して、自分のケツは自分で拭いて、親の面倒をどんと見れるくらいになって、経験ももっと積んで、またボランティアに参加します。
 
(3)今後、この経験をどのように活かしたいか
今回の経験で、ボランティアがどれほど難しいか知りました。そして、どういうものかも・・・
 
あまりにも、自分が安易な考えでボランティアをしていたかがわかりました。もっと、自分の今の環境をちゃんと見て、もっと自立して大学でしかり学んで、自立して、親に心配かけずむしろ心配できるくらい大きくなって、そのために今回の経験を忘れることなく、一歩ずつ前に進んでボランティアをできるようになったときに、ボオランティアに参加します。「フィリピンのボランティアに参加して」
<<前へ次へ>>