ブログ タイ・ボランティア感想文

rss
<<前へ次へ>>

「とても楽しく充実した日々」[海外ボランティア感想文]

 written by ボランティアプラットフォーム 事務局投稿日時:2011/09/15(木) 11:29

【滞在期間】2011-09-01 ~ 2011-09-08 【総評】大変満足【プロフィール】女性




(1)参加動機
 以前からテレビやインターネットを見てボランティア活動に協力したいと思っていました。募金などだけでなく、現地に行って貧困に苦しむ人たち がどういう暮らしをして、何を求めているのかを実際に肌で感じてみたかったです。なかなか学生だと金銭面的に現地に行って活動することは難しかったのです が、このツ アーは飛行機のチケットも入っていて、尚かつボランティア参加初めての私にとってぴったしな内容だと思いこのボランティアツアーを選びまし た。

(2)参加した感想
ボ ランティアツアーは初めてだったので、どんな所に泊まるかも分からないし何を持って行けばいいのか分からなくて最初はすごい不安でし たが、現地スタッフの方も優しくすぐにうちとけることができました。ボランティアの中には想像以上の大変さのものもありましたが、人の役に立てるのはとて も楽しく充実した日々 を送れました。ホームステイ先のお母さんが作ってくれたご飯はとても美味しく、ステイ先の子供達は私たちが持って来た物を本当に喜ん でくれました。しか し、私たちがステイしたヤフー村とアパー村の現状に驚かされました。彼らはタイ国籍も取得できず、電気もなく衛生的にも良いとは言えない環境に暮らしてい て、改めて私たちがいかに恵まれた国に生まれたのかをつきつけられました。

(3)今後、この経験をどのように活かしたいか
今回のボランティアツアーを通して私はもっとヤフー村やアパー村のような人々に貢献したいと思いました。映像や言葉を通してではなくリ アルに彼らの現状を体 験しこれから私は何を彼らのためにしてあげられるだろうと思いました。実際に私がタイに行って感じたことは、日本に暮らす人々は貧困 で苦しむ人のことを知 らなさすぎると思いました。私は今回のように現地に行ってツイッターはFacebookを通して現状を友人達に広めていきたいです。 また、募金や支援物資 など日本にいても出来る限りのことをして協力したいです。今回のボランティアは私にとってとても良い経験になったと思 います。この経験を生かして、また来年の夏休みにもボランティア活動に参加できたらと思っています。

20110915_2-250x0.jpg

「異文化に触れた8日間」[海外ボランティア感想文]

 written by ボランティアプラットフォーム 事務局投稿日時:2011/09/15(木) 11:29


【滞在期間】2011-09-01 ~ 2011-09-08 【総評】満足 【プロフィール】男性



 (1)参加動機
 私は以前から国際ボランティアに興味があり、日本では経験することのできないことを、現地で直接体験したかったため、参加することにしました。また将来仕事として、国際NGOにも興味があったため、参加を決意しました。
 (2)参加した感想
毎日が本当に楽しく、日本では経験できないことの連続でした。水や電気、ガスの通っていない村での生活。道端に生えている竹を切り、その竹から箸や皿、コップを作り、道端に生えている葉っぱを皿の代わりにするなど、日本では考えられないようなことばかりでした。風呂がなく、雨水を浴びるだけというのも印象的でした。彼らの生活を体験することにより、日本のような便利な生活がなくても、生きていけることを感じました。そして、やはり日本は何事にも恵まれている国だということを実感しました。蛇口をひねればお湯がでて、スイッチを押せば明かりが付く。そういった生活面だけでなく、十分な教育を受けることができるし、将来の選択肢の幅を広く持つことができる点においても、日本の豊かさを実感しました。
 そして何よりもこのツアーで一番印象に残っているのは、ホームステイ先の村の子どもたちの笑顔です。彼らの笑顔を見ていると、私自身も幸せな気持ちなりました。人を幸せにするのは笑顔だと改めて感じさせられました。厳しい生活の中でも、あの笑顔が生まれることを考えると、本当の幸せとは何だろうか、と考えさせられました。
 このツアーに参加して多くのことを学ばして頂きました。異文化に直接触れることにより、物事を様々な角度から見ることができるようにもなったと思います。普段知り合うことのないような人たちと出会うこともできたので、本当に参加して良かったです。現地のスタッフの方々、ツアーに参加した仲間、タイでお世話になった方々に、感謝の気持ちでいっぱいです。是非次は短期ではなく、長期での参加をしたいです。

(3)今後、この経験をどのように活かしたいか
 現地スタッフの方に、「日本に生まれたのだから、より多くのチャンスに恵まれているので、そのチャンスをうまく使ってほしい」という言葉を頂きました。この言葉がとても印象に残っており、自分が今までにどれほどのチャンスを無駄にしてきたのかと思うと、これから生きていく中でチャンスを無駄にせず、チャレンジしていこうと思いました。行ける限り様々な国へ行き、自分の知らない世界を知ろうと思います。また、それを伝える立場になっていきたいです。

「貴重な体験」[海外ボランティア感想文]

 written by ボランティアプラットフォーム 事務局投稿日時:2011/09/15(木) 11:28

【滞在期間】2011-09-01 ~ 2011-09-08 【総評】大変満足 【プロフィール】女性


 
(1)参加動機
就活が始まる前に海外に行きたいと考えていました。そして探していたらこのツアーを見つけました。以前から東南アジアや少数民族に 興味があった私にとって、実際に山岳民族の家にホームステイできるこのツアーはとても魅力的なものでした。このツアーに参加して実際の山 岳民族の状況をみたいと考え参加しました。
 

(2)参加した感想
 たくさんのことを知り、考えさせられ、充実した一週間でした。
 当たり前に思っていることが、どれだけ恵まれていることなのか実感させられました。またそのことに今気づくことができて本当に よかったと思います。
  文化に優劣はないとよく言われますが、本当にその通りだと思いました。確かに日本の生活の方が、タイの村の生活と比べて便利で あるといえます。しかし便利だからいいというわけではないと実感しました。その文化や人々にあった生活は、決して劣ってなんかいませ んでした。今回実際にホームステイしてみて、山岳民族 の生活の良さを知ることができました。竹で作られた家、鶏や豚、犬の鳴き声で目覚める朝、子供たちが自由に家々を行き来できる環境な どすばらしいものをたくさん発見することができました。これはただ観光でタイに来ただけでは知ることができないと思います。だからこ そこのツアーに参加して、貴重な体験をすることができ て、本当によかったと思います。
 結膜炎になり、ミラー財団の方々、ツアーに参加していた皆さんには色々とご迷惑をかけてしまいました。しかし皆さんのおかげで とても充実した一週間を過ごすことができ、感謝しています。本当にありがとうございました。
 
 (3)今後、この経験をどのように活かしたいか
私はこの旅で、人々の温かさ、気さくさ、笑顔に助けられました。
「こんにちは」「ありがとう」「おいしい」
たったこれだけの言葉でも笑顔を見せてくれました。この笑顔のなかに彼らは様々な問題を抱えています。これから彼らの抱えてい る問題についてもっと深く学ぼうと思います。そして彼らの笑顔を守るために自分ができることを模索していきたいと思います。また今回 実際に自分で体験すること、自分の目で見ることの大切 さを感じました。この経験を活かし、様々な国にボランティアとして参加していきたいと思います。
<<前へ次へ>>