ブログ

rss
<<前へ次へ>>

「10日間で学んだこと」[海外ボランティア感想文]

 written by ボランティアプラットフォーム 事務局投稿日時:2011/10/03(月) 11:07

【滞在期間】2011-09-12 ~ 2011-09-21 【総評】大変満足 【プロフィール】女性

(1)参加動機

わたしは、 子供が大好きで、世界の貧しい国の子供たちを救う人になりたいと、以前から強く思っていました。しかし、今まで旅行などで、何度か先進国には行ったことがありましたが、途上国には行ったことがありませんでした。難民の支援をしたいが、一体何が求められていて、自分に何ができるのだろうと考えました。しかし、教科書やインターネット等で、言葉で聞いても実感が湧かず、発展途上国と言われる国では、一体どのような現状なのか、自分の目で見て、肌で感じたいと思い、参加を決意しました。また、高校生のとき英会話を教えてもらっていた先生が全員フィリピン人の方で、観光地のビーチの話から、格差の話まで様々な事情を聞く機会があり、フィリピンという国に興味を持ったというのも一つの理由です。


(2)参加 した感想
スラムでの生活を始めた当初、貧民区の生活ではトイレットペーパーが無かったり、シャワーがなく、わたしはここで生活する人々は、本当に不便だなと感じました。しかし、よく考えてみると、先進9か国以外の国ではそれが普通な状況で、日本人の価値観でものを見ることは、間違っていることに気づきました。

フィリピンのスラムでは、子供の稼いだお金を取り上げて自分のものにするような親がいるせいで、たくさんの子供が可哀想な思いをしています。そういった大人が増えては絶対にいけません。いまの子供たちがそのような大人には育ってほしくないです。社会の秩序を覚え、相手を思いやれる人間になるためには、やはりそういった教育をする人が必要なのだとスラムの人々を見て実感しました。わたしたち日本人には、「相手の心を思いやる精神」というものを持っていて、それを伝えることができます。何か「もの」で残したりするのではなく、そういった「習慣」が人々に身についたら最高だと思います。その土地の習慣を変えるというのは、本当に簡単に出来ることではありませんが、少しずつでも前進できたらたらという思いで活動をしているマスターを、わたしは心から尊敬します。

今回、現場に行ってみてわかることが、本当にたくさんあり、多くのことを学ぶことができました。これからは、なんでも自分の価値観でものを計るのではなく、多方面からものを見るようにしたいと思います。そして、わたしは今回のボランティアに参加して、自分がどれほど無知で、無力であったかを、思い知りました。しかし、それに気づけたことが、大きな収穫のように思います。

この10日間、「ボランティアとは何か?」という疑問をひたすら考えていました。明確な答えは、まだ出ません。しかし、マスターが何度も言っていた、「こんなことをして、人の役に立とう!と頭で考えるのではなく、形にのこらなくてもいい、人のために無償の気持ちで、そのとき心で感じたままのことを素直に行動に移せばいいんだ。」ということが、一番答えに近いのではないかと思います。ボランティアは、ライフワークです。マスターの合言葉である、「半分は自分、半分は他への思いやりの精神」を忘れず日々人のことを思った行動を続けて生活していきたいです。

マスターという素晴らしい恩師に出会えたこと、かけがえのない経験をできたことにわたしは心から感謝します。また、これからはわたしを日本に生んでくれた親に感謝し、自分が学ばせてもらえる環境にいることにも常に感謝し様々な勉強に励みたいと思います。
 

(3)今 後、この経験をどのように活かしたいか
半分は自分、半分は他への思いやりの精神を忘れず日々生活していきたいです。わたしは今大学生なので、自分が学ばせてもらえる環境にいることを感謝し勉強に励むということと、日本に生んでくれた親に感謝し、親孝行を全力でしたいと思いました。また、日本の友達の中にいれば、自分は英会話ができる方だと思っていましたが、実際は全くの力不足であったことを痛感したため、実践的な英会話を身に着けるよう努力します。
 

「私たちの未来に向けて」[海外ボランティア感想文]

 written by ボランティアプラットフォーム 事務局投稿日時:2011/10/03(月) 11:06

(1)参加動機
発展途上国がどんなところなのか、どんなニーズがあるか知りたかったから。
 

(2)参加した感想
私は社会人6年目です。1週間の夏休みを利用して、今回カンボジアでのボランティアに参加しました。参加して感じたことが、学校を作ったその後について真摯に向き合って考えていく必要があるということ。
 
私は1人の男の子と出 逢いました。彼の夢は日本にいってエンジニアになり、将来カンボジアに橋を作ること。私は彼に日本語とクメール語の本をあげました。彼はとても喜んでくれて手紙に「毎日読むよ!」と書いてくれました。けれど最終日「日本で会おうね!」と私が声をかけたら「分からない。日本はとてもお金がかかる・・・」と 言いました。YOSHIMASA学園は子供たちに未来の希望を作ったことは間違いありません。けれど次のステップを私たちは検討する必要があると思いました。
 
私の、彼らの将来を考えさせてくれた経験。たった一週間でしたが一生忘れることのないものになったと思います。


(3)今後、この経験をどのように活かしたいか
日本とカンボジア、その他の国の子供や社会人が学べる場の提供・交流が出来る場をつくりたい。NPOをたちあげたい。

「笑顔!」[海外ボランティア感想文]

 written by ボランティアプラットフォーム 事務局投稿日時:2011/10/03(月) 11:05

【滞在期間】2011-09-02 ~ 2011-09-22 【総評】大変満足 【プロフィール】女性
 

(1)参加動機
国際協力に興味があり、旅行でカンボジアへ行った時にとても魅力的でまた行きたいと考えていたからです。また大学の副専攻として日本語教員を目指しているので、国外での現場を直接見て感じたかったからです。


(2)参加した感想
毎日がとても輝いてて、楽しくて、笑顔いっぱいでした。初めは、電気・水道・ガスがなく、道路はぼこぼこということに驚きを隠せませんでした。緊張してホームステイ先に着くと、参加者の方とホストファミリーの方が笑顔で迎えてくれて、とても安心しました。お風呂も水浴びで正直最初はどうしようかと思いましたが、実際はとても気持ちよくて楽しく入れました。
 
お昼休みに散歩をしていると、村の方々が笑顔で声をかけてくれたり、クメール語を教えてくれたりなど、言葉が通じなくても楽しくコミュニケーションをとることができました。また、家の前を通り過ぎるたびに大きな声で名前を呼んで「ご飯食べた?」などまるで自分もこの村に昔から居たように接してくれることがなによりも嬉しかったです。子供達もとても元気で人懐っこく、元気で一緒に遊んだりして毎日がへとへとでしたが、とても充実した生活でした。授業が終わった後一緒に手をつないで帰ったり、たくさんのお花をくれたり、本当にすてきな思い出がいっぱいできました。
 
授業では、集中力がなくて席をはずしたり、テストをすると「NO テストー!」など嫌がられることが多かったのが、日を経つにつれて、子供達の方から「テスト、テスト!」と言われるようになり、子供達の勉強への姿勢の変化に感動することもありました。
 
この村での生活は自然と密着していて、日本で育った私にとって不便なこともありましたが、それ以上に人の温かさや自然との共存のあり方など、日本では実感することが難しいことを沢山学ぶことができました。
 
三週間というあっという間の時間でしたが、今までで一番濃い日々を送ることができたのは、沢山の笑顔と村人や子供たちの手助けのおかげです。ボランティアをしたというよりも、自分を成長させてもらったという気持ちがとても大きいです。この笑顔に何度も感動し一緒に笑い、皆で過ごした日々は自分の財産です。
 

(3)今後、この経験をどのように活かしたいか
三週間滞在して、クメール語に興味を持ったので、本格的に学びたいと思うようになりました。また日本語教師を目指すうえで授業の進め方やコミュニケーションのとり方などを生かしていきたいと思います。
<<前へ次へ>>