フィリピン・ストリートチルドレン支援NGO スタッフ日記

rss

町をゆく

 written by 斉藤@フィリピンNGO [ボランティア] 投稿日時:2010/02/23(火) 01:01


今日は東京のアメ横や秋葉原に似た様子の商店街が並ぶキアポ地区に所要で出向きました。
写真(A.B.C)はまず貧民区ゲイトを出てから300メートルくらいのところにあるセブンイレブン前で出く
わしたバスレーロの子供です。靴も履かずに頑張っています。現在当方では子供たちへの中古の運動靴
を寄付いただきたく各位さまにお願いしております。



写真(D.E.F)はジープで約一時間やっと到着ここがキアポです。路上店舗が沢山出ています。架橋線路の
下でもあり、駅も付随しています。


写真(G.H.I)は午前11時ですが学校へは行かず。おじさんこの袋を買
ってくださいと言って近寄ってきます。一つ付き合ってあげました。こうした形で小学生が仕事をして
いる現実もあります。


写真(J.J2)は店番をしながら遊ぶ子供たち。写真(K.L.M)は物乞いをする子供たち
。フルーツをもらってご満悦。DVDのサンプルテレビを見たりしてうろついて一日が終わります。小学生
ですが学校にいっているのでしょうか・・・・?



(N.O.P)はちょっと影に入ったところでの子供たちの様子。路上での遊び・・・水浴び・・・。



(1.2.3)は帰りのジープの中で乗客の靴屋やサンダルを軽く拭いてから金銭を乞う少年。6年生くらい。
暑い日が続いているのに厚手のフード付きトレーナーを着ています。靴は履いていません。10人くらい
の乗客でしたがお金を上げたのは3人だけでした。4は何があったのか大声で泣きながら歩く子供・・ス
スだらけの顔に破れたズボン・・・。1年生くらい・・。
5時ころ地元に帰ってきました。ちょうど出くわしました。


いつもの連中!!写真(5.6.7)



写真(8)は日本の昔の言葉のオシの子です。言葉がアーとかウーとかしか出来ません。でもこのグループ
のボスです。何度か後援で稽古していたころ空手に参加しました。それからの友達です。(左)




(9)は帰宅後5時半から7時までのトイスライブラリーの様子。
トイス・エデュケーションの空手メンバーオンリースケジュールで50個のミニカーとベニヤを使って遊
びました。その間にも秩序・礼儀の叱咤が大声で入りました。

空手メンバー

 written by 斉藤@フィリピンNGO 投稿日時:2010/02/21(日) 23:25


今日の市役所日曜空手教室です。21名が参加しました。ベテラン中学生たちが最近サボってばかりです
。5月に極真会主催の全比国少年空手道選手権大会があります。小学生のほうが真剣に稽古しています。
日本とはちょっとぎゃくですね・・・。


ストリートチルドレンとごみアサリ少年たちです。稽古の帰り出くわしました。10.11は上半身裸で足は
はだしでした。顔もすすだらけでしたが携帯電話のカメラでは区別できませんね・・・。


トイス・エデュケーションの空手メンバーオンリースケジュールで50個のミニカーとベニヤを使って遊
びました。その間にも秩序・礼儀の叱咤が大声で入りました。

トイス・エデケーション & ゴミ集めの子供

 written by 斉藤@フィリピンNGO [ボランティア] 投稿日時:2010/02/21(日) 11:22


今日のトイス・エデュケーションです。毎日子供たちの名前リストに記録し遊びを通して礼儀や秩序を
教えていきます。日本のように親御さんが礼儀・秩序を教えていると良いのですがここ貧民区では両親
自体も低学歴が多く礼儀・秩序に欠ける人々が多い状態です。国際トイス・ライブラリー(おもちゃの図
書館全国連絡会)からの寄付で沢山のおもちゃが届き貧民区の子供たちは今まで見たこともない、触った
こともないおもちゃに大感激です。中には泥棒しちゃう子供もいます。ボランティアの子供指導員が必
要です。



タイヤの小さなリヤカーでごみをあさる子供たち袋には見つけた金物・ペットボトル・ダンボールなど
区別してあります。これを売って換金します。一人の子は課を画ススだらけでした。服やズボン、サン
ダルは着ていますがせんたくした様子はありません。ズボンもチャックのところが破けてました。
今度ブロック22でもフィーディングの予定だから実施したらおいでねと言って別れました。

フィリピンの子供たち

 written by 斉藤@フィリピンNGO [ボランティア] 投稿日時:2010/02/20(土) 14:30

写真A
小学校一年生の女の子です。こんな傷をしているのに何の手当てもしてもらえません。
簡単な消毒をして軟膏を付けてあげました。化膿すると大きなことになってしまいます。


写真B
日本の空手団体からの支援物資に10X20センチ大のステッカーがありました。ごみアサリを副業としている小学生低学年のスクラップごみ用カーとに張ってあげました。言葉も文字もわからないのですが丸いロゴ内にkarateの文字があるのと漢字がこの国では不思議な文字でカッコいいのだそうです。貧民区内多数の子供たちが僕が街中を歩いているとmaster(マスター)master(師匠or師範という意味で)と呼んで声をかけてくれます。小さなごみアサリの子供のリーダーは日本で言うオシ(言葉ができない)で手話も本当の手話ではなく自分式の手話なのですが一生懸命僕に押忍の挨拶をしてこのステッカーをくださいと説明していました。この情熱が僕に通じたので彼らに牙城会館ステッカーをあげたと言う次第でございます。自分たちの手作りのカート(日本語だと木製のリアカーです)にステッカーを貼ってご満悦そのものでとても嬉しそうでした。


写真C
この赤ちゃんはまだ一才になっていません。左目に炎症を起こして腫れています。先ほど日本製の目薬を施しました。それまでは目やにで固まっていました。この国の貧民区ではソーラーアイズといって放っておくのですが。ソーラーアイズは目の日焼けと言うことで。子供の目の炎症は別のバクテリアから来るものです。目薬を買えない赤ちゃんは本当にかわいそうです。