海外ボランティア感想文 ブログテーマ:フィリピン・ボランティア感想文

<<前へ
rss

「10日間で学んだこと」

 written by ボランティアプラットフォーム 事務局 [フィリピン・ボランティア感想文] 投稿日時:2011/10/03(月) 11:07

【滞在期間】2011-09-12 ~ 2011-09-21 【総評】大変満足 【プロフィール】女性

(1)参加動機

わたしは、 子供が大好きで、世界の貧しい国の子供たちを救う人になりたいと、以前から強く思っていました。しかし、今まで旅行などで、何度か先進国には行ったことがありましたが、途上国には行ったことがありませんでした。難民の支援をしたいが、一体何が求められていて、自分に何ができるのだろうと考えました。しかし、教科書やインターネット等で、言葉で聞いても実感が湧かず、発展途上国と言われる国では、一体どのような現状なのか、自分の目で見て、肌で感じたいと思い、参加を決意しました。また、高校生のとき英会話を教えてもらっていた先生が全員フィリピン人の方で、観光地のビーチの話から、格差の話まで様々な事情を聞く機会があり、フィリピンという国に興味を持ったというのも一つの理由です。


(2)参加 した感想
スラムでの生活を始めた当初、貧民区の生活ではトイレットペーパーが無かったり、シャワーがなく、わたしはここで生活する人々は、本当に不便だなと感じました。しかし、よく考えてみると、先進9か国以外の国ではそれが普通な状況で、日本人の価値観でものを見ることは、間違っていることに気づきました。

フィリピンのスラムでは、子供の稼いだお金を取り上げて自分のものにするような親がいるせいで、たくさんの子供が可哀想な思いをしています。そういった大人が増えては絶対にいけません。いまの子供たちがそのような大人には育ってほしくないです。社会の秩序を覚え、相手を思いやれる人間になるためには、やはりそういった教育をする人が必要なのだとスラムの人々を見て実感しました。わたしたち日本人には、「相手の心を思いやる精神」というものを持っていて、それを伝えることができます。何か「もの」で残したりするのではなく、そういった「習慣」が人々に身についたら最高だと思います。その土地の習慣を変えるというのは、本当に簡単に出来ることではありませんが、少しずつでも前進できたらたらという思いで活動をしているマスターを、わたしは心から尊敬します。

今回、現場に行ってみてわかることが、本当にたくさんあり、多くのことを学ぶことができました。これからは、なんでも自分の価値観でものを計るのではなく、多方面からものを見るようにしたいと思います。そして、わたしは今回のボランティアに参加して、自分がどれほど無知で、無力であったかを、思い知りました。しかし、それに気づけたことが、大きな収穫のように思います。

この10日間、「ボランティアとは何か?」という疑問をひたすら考えていました。明確な答えは、まだ出ません。しかし、マスターが何度も言っていた、「こんなことをして、人の役に立とう!と頭で考えるのではなく、形にのこらなくてもいい、人のために無償の気持ちで、そのとき心で感じたままのことを素直に行動に移せばいいんだ。」ということが、一番答えに近いのではないかと思います。ボランティアは、ライフワークです。マスターの合言葉である、「半分は自分、半分は他への思いやりの精神」を忘れず日々人のことを思った行動を続けて生活していきたいです。

マスターという素晴らしい恩師に出会えたこと、かけがえのない経験をできたことにわたしは心から感謝します。また、これからはわたしを日本に生んでくれた親に感謝し、自分が学ばせてもらえる環境にいることにも常に感謝し様々な勉強に励みたいと思います。
 

(3)今 後、この経験をどのように活かしたいか
半分は自分、半分は他への思いやりの精神を忘れず日々生活していきたいです。わたしは今大学生なので、自分が学ばせてもらえる環境にいることを感謝し勉強に励むということと、日本に生んでくれた親に感謝し、親孝行を全力でしたいと思いました。また、日本の友達の中にいれば、自分は英会話ができる方だと思っていましたが、実際は全くの力不足であったことを痛感したため、実践的な英会話を身に着けるよう努力します。
 

「大切なこと」

 written by ボランティアプラットフォーム 事務局 [フィリピン・ボランティア感想文] 投稿日時:2011/09/28(水) 09:04

【滞在期間】2011-09-14 ~ 2011-09-20 【総評】大変満足 【プロフィール】男性


(1)参加動機
インドに旅をした際、格差や貧困を目の当 たりにして私自信に何かできることはないかと思いたったのが大きな理由です。また、世界中の社会的に不利な立場、低所得者の人に貢献できる職に就きたいと考えており、第一歩としてスラムの生活を肌で感じたかったのが参加動機です。

 
(2)参加した感想
たった1週間。しかし今までの人生の中で最も内容の濃い7日間になった気がします。まず、マスター、happykidsの子供たち、フィリピンで出逢えた全ての人に感謝します。本当にありがとうございました。
 
私は発展途上国に行くのは初めてではなかったので泊まる宿に着く道や宿に着いた時、大半の人と違うと思いますが意外ときれいだなと感じ、もっとぎらついた連中 がウヨウヨしてものと思っていて安全だなぁと思う自分が少なからずいました。しかしその考えはとても浅はかで、上記の薄い参加動機で参加したことを深く後悔することになりました。マスターに会ってすぐに「観光客なら帰れ!」や「何をしにき た?」と言われ、正直戸惑いました。人生かけてやっている人の元に軽い興味本位で来てしまった自分を情けなく思いまし た。
 
ここで感じたことの一つは自分の無力さで す。外を歩くときには必ずhappy kidsの子供たちが寄り 添ってくれ、元気無さそうにしていると「大丈夫?」「おいしい?」と気にかけてくれました。フィリピンにボランティアをしに来たのに、日本人がモタモタしていたせいで子供に怪我をさせてしまったり、何かしようとして空回りしてトラブルを呼んだり、悪い見本ばかり子供たちに見せてしまう始末。ファーストエイドやフィーディングをやっている時など常にボランティアとは何なのだろうかと考えていました。変な話ですが7日間通してボランティアに行ってボランティアスピリッツを学ぶことが出来たと思います。
 
食事をする前の合掌。「両親に感謝。神仏 や世間の人に感謝」。これをするたびに自分の情けなさや今までの感謝、両親への想いを見つめなおし毎回涙を堪えていました。特に「両親に感謝」は大学院まで行かせてもらっている私の心に強く響くものがありました。フィリピンでは最後まで涙を堪えたけど、日本に帰って親に電話で「ただいま」と言った時や外のベンチで弁当を食べる時の「いただきます」をした 時、思わず一人で涙を流してしまいました。親が側にいるうちに感謝の気持ちを一つ一つ現実化していきたいと思っていま す。
 
最後に、、、マスター。あなたのような一 直線な素晴らしい人に会ったのは初めてです。会ったばかりの私たちに真正面から全力で怒ってくれてありがとうございます。日本人であること、今の自分がどのようにして成長してきたのか、当たり前になっていたが忘れてはいけない最も大切なことに気付かせてくれてありがとうございます。一緒に過ごした時間、怒鳴られたこと、胸を熱くして話してくれたこと全て忘れません。次会う時までにはマスターや子供たちがビックリするくらいの日本人になっときます。本当に充実した経験をさせてくださりありがとうございました!!
 

(3)今後、この経験をどのように活かしたいか
まず今までの感謝を込めて親孝行をしたいと思います。やってもらえることが当たり前になっていて伝えることが出来なかった「ありがとう」や食事の前の「いただきます」の一言など、本当に些細なことでも想いをしっかり伝えたいと思います。そして自分自身がしっかり成長して活き活きと生活している姿を見せる事が両親が一番喜ぶ事だと思うので常に両親、友達、世間の人と助け合って充実した生活を送りたいと思います。そして、まず目先の問題の就職活動で自分の本当に進みたい道を決めて就職して経済面で両親を援助し、旅行にでも連れて行きたいと思います。

「フィリピンで得たもの」

 written by ボランティアプラットフォーム 事務局 [フィリピン・ボランティア感想文] 投稿日時:2011/09/23(金) 14:32

【滞在期間】2011-09-07 ~ 2011-09-18 【総評】大変満足 【プロフィール】男性
 

 (1)参加動機:

 大学院で富裕層の生活 習慣病と貧民層の飢餓を同時に解決するために、富裕国の給食メニューを改善し、そこから貧民国に一部の金額を寄付をするプロ ジェクトを世界規模に広める活動を行っており、この活動が机上の空論にならないためにも、貧民国で実際どんな生活をしている のか地に足をついた経験をしたかったから。

 (2)参加した感想:

 今回は全て自費で参加 しましたが、本当に参加してよかったと心の底から思っています。とはいえ、私自身はフィリピンでボランティアをしてきたなん てとてもおこがましくて言えません。むしろ現地のマスターやキッズ達の支えがなければ、ボランティア活動など出来なかった立 場なので、彼らには感謝の気持ちで一杯です。私自身は常に反省の日々でした。スモーキーマウンテンで働く彼らを見て、自分が 日本でいかに甘えた生活を送っていたかを痛感しています。日本で恵まれた環境にいた私はトイレや風呂場がないというだけで体 調を崩してしまい、終いには怪我までしてしまったことで途中帰りたいと思ったこと、集団生活に慣れず周りに迷惑をかけてし まったこと、本当につくづく自分を情けなく思いました。また、現地の少年少女らは自分の身は自分で守り自分で稼ぎたくましく 生きているのに対して、自分を含め日本人は成人過ぎても自分のことすらまともに出来ない未熟な平和ボケしている人だらけの現 状で不安になりました。そんな中で、フィーディングやファーストエイド活動を続けるにつれて、私の中で確実に変わったものが あります。言葉にするのは簡単なことかもしれませんが、心の底からはなかなか感じることが出来なかった自分でも素直に、一生 懸命生きることの大切さ、周りの人々に感謝する気持ちをヒシヒシと感じることができるようになりました。今までの人生の価値 観が凄く良い意味で180度変わったように思います。プライスレスな経験をさせてもらえたことに感謝感謝です。

(3)今後、この経験をどのように活かしたいか
 今回の経験を通して、何よりも「自立すること」がまず一番に自分には必要だと思いました。その一歩として帰国して すぐに、まず両親に心から「今まで育ててくれてありがとう」と感謝の気持ちを伝え、親孝行を始めました。既に大学の学費 は全部奨学金で自分で払っていますが、それだけでなく自炊、掃除、洗濯を始め、きちんと自分の力で稼いで生活を送る努力 をしています。
 また、一分一秒を大切にして、やると思ったら今やるということが私のモットーになりました。気配りだけでなく、タ イミングもきちんとよく見計らい、恐れることなく大胆に何でもチャレンジしていきたいと思っています。さらには、英語能 力が低かったが故に、コミュニケーションをまともにとれなかったので、毎日英語を口に出す習慣を作り、誰とでも円滑なコ ミュニケーションが取れるように毎日努力もしています。
 最終的には体も鍛え、もっともっと肉体的にも精神的もたくましくなって、率先して人助けを出来るくらい一人前の人 間になりたいと思います。

「みんなありがとう」

 written by ボランティアプラットフォーム 事務局 [フィリピン・ボランティア感想文] 投稿日時:2011/09/19(月) 14:04

【滞在期間】2011-08-29 ~ 2011-09-12 【総評】大変大変満足  【プロフィール】男性


(1)参加動機
2年前に先輩がフィリピンの別のボランティアに参加させてもらい、その話を聞いているうちにフィリピンに関心が湧きフィリピンボランティアに参加することを決めました。もちろん子どもが大好きで、先輩たちの写真ではフィリピンの子どもたちの素敵な笑顔がたくさんあったので、実際に現地へ赴き自分でも体験しようと思いました。


(2)参加した感想
まず初日に我々が住んでいたスラムへ着いたとき、日本では考えられないような環境を目の当たりにしました。ガタガタの地面、汚水がだだ漏れ、2畳くらいしかスペースのない家などなど、自分が想像してたのをはるかに超える現状が、そこにはありました。もちろん水も日本ほど余裕はなく、トイレやお風呂でも水が充分に使えないことを体験した中で、いかに普段日本で生活している環境が良いものなのかを痛感させられました。
 
ここで生活していた中で、「ボランティアとは何か」という問題を考えさせられました。出発する前、自分の中でのボランティアとは、ただお腹が空いている子どもに食べ物を与えることや、お金が貧しい人にお金を与えて少しでも彼らの生活が良くなるように手助けをすることだ、と考えていました。
しかしそれはボランティアではないということを、マスターの話から気付くことが出来ました。さっき書いた内容では、ただ子どもの野良犬が可愛いからと言ってエサを与え、犬は何もしなくてもエサがもらえると思いこんでしまい、そのまま大きくなった後、可愛くなくなったからエサをあげない、という状況になってしまう。このようになると野良犬はその後、なんでエサをくれないんだ!と人を襲うようになってしまうんだ。という話を聞いてから、自分の考えていたボランティアはボランティアでなく、偽善者だということを考えさせられました。

そこで給食配給のフィーディングやファーストエイド、空手の指導などを通して、スラムに住む子どもたちに「秩序」を教えていく過程の中で、ありがとうやごめんなさいも言えない彼らの将来のために、少しでも貢献する機会が毎日ありました。最初はなかなか恥ずかしくて、ありがとうと言えなかった子どもがありがとうと言えるようになったとき、同じようにごめんなさいが言えるようになったとき、本当に嬉しく感じました。日本ではあたりまえのように思えることがフィリピンでは当たり前でないことを目の当たりにしたなかで、いかに自分が彼らに貢献できるかというコミュニケーションを図ることが出来ました。
  
さらにここで生活をしている中で、日本での生活や自分を生んでくれた両親、自分を支えてくれている人たちへの「感謝」の気持ちが一層強まりました。

ゴミを拾ってそれを売って生活を凌いでいる子どもたち、スモーキーマウンテン付近でバクテリアだらけの川でビニール袋を洗ってそれを売る人たち、寝る場所がなく外で寝る人たち、住む家がなく物を運ぶ荷台にブルーシートで覆ってそこに住む人、ペンキの缶を使ってご飯を炊く人など、いろんな生活をしている人たちを見ることが出来た。自分がもし、万が一彼らと同じところに生まれていたとするなら、もちろん彼らと同じような生活を強いられるに違いない。それと比べて日本では、安全な生活は保障され、両親にご飯を食べさせてもらい、寝る場所があり、冷暖房のクーラーで快適に生活が出来る、そんな生活をしているのではなく、両親のおかげで「させてもらっている」という感謝の気持ちがありました。今まではいろんなスラムの写真を見たり話を聞いたりして、ある程度の感謝の気持ちはありましたが、それは単なる頭で考えた感謝であり、心で感じた感謝ではない、というところでも、このスラムでの生活を通して学ぶことが出来ました。

「ナンバー1でもナンバー2でも、なんでもいいからちゃんとやれ!」と「やるなら今しかねぇ!」。この言葉は現地スタッフのマスターが言っていた僕の大好きな言葉です。このフィリピンボランティアに参加して、この言葉をマスターから聞いて、何事にももっと積極的に行動しなければならないこと、そして行動に移すことはまさに今しかないということも学びました。ボランティアをするにしても、日本で勉強やバイトや何事においても、これらの言葉は常に意識するようになりました。さらに、半分は自分、残り半分は他への思いやり、という「自他共栄」の信念も学んだことによって、この15日間のボランティアはより良いものとなりましたし、自分自身でも大きく成長することが出来ました。

スラムに住む子どもたちの笑顔は本当に輝いていました。無邪気にいつも笑っている彼らが大好きですッ!是非、もう一度でも二度でも、同じ場所に訪れたいと考えています^^!その時はもっともっと成長して、みんなと会えることを楽しみにしています☆

 
(3)今後、この経験をどのように活かしたいか
今後、このフィリピンで学んだ経験をまず自分自身で常に感謝の気持ちを忘れないこと、そして残り半分を他への思いやりを持って行動していきたいと思います。また、将来教員の立場に立つにあたって、国際理解や国際交流などの面においても幅広く貢献し、生徒たちに感謝の気持ちを教えていきたいです。

「感謝の気持ち」

 written by ボランティアプラットフォーム 事務局 [フィリピン・ボランティア感想文] 投稿日時:2011/09/19(月) 13:59

【滞在期間】2011-09-01 ~ 2011-09-10 【総評】大変満足  【プロフィール】女性

(1)参加動機
以前から東南アジア、特に貧困地域の情勢に興味があったのでテレビや写真でその光景を目にすることがありま した。そしてその実態を自分の目で見たいと思って参加させていただきました。


(2)参加した感想
まず、マスター、ハッピーキッズのみなさんに感謝します。10日間本当にお世話になり、ありがとうございました。
 
正直に言うと、初めてスラムに足を踏み入れた瞬間、本当に大丈夫か!?という気持ちでいっぱいでした。日本では見たことのないような光景を目の当たりにしたからです。しかし、それと同時に人々の笑顔に触れ、少し安心したのを覚えています。
 
フィリピンで生活して、自分の思っていたことが大きく覆されたことが本当に沢山ありました。特にスモーキーマウンテンは印象深いものでした。実際に見るまで、スモーキーマウンテンは単なるゴミの山でそこにいる人はかわいそうだとしか思っていませんでした。しかし、現実は異なっていました。そこでは、小さな子供から老人までたくさんの人々が生活していました。ゴミを拾いそれを売る人、ゴミの中から使えそうなものを選びリメイクしたものを売る人・・・そしてそれを売ったお金でテレビやバイクなどを買っている人もいました。またその地域一帯、地熱発電により 街灯がついていました。これを見て自分の無知さを恥じ、状況を多方面から見ることの重要性に気づきました。
また、マスターがおっしゃっていた「孤児院の子供たちはかわいそうなの?」という言葉も心に残っています。 初めてこれを聞いた時、「親がいないんだからかわいそう」と思いました。しかし、フィリピンには子供に無関心でお酒 やギャンブルなどに夢中になっている親が多くいると聞きました。もちろん日本にも育児放棄をしている親はいると思い ますが、程度や数が違うと思います。そのような子供たちよりも衣食住そろった環境で暮らす孤児院の子供たちの方が幸せなんじゃない?という意見には納得させられました。そして日本で考えていたことが世界に通用するわけではないということも教えていただきました。
 
この10日間、ボランティアとは何か、そしてボランティアの難しさを考えさせられました。ボランティアをしに行ったのに何を言っているんだと言われそうですが、ボランティアはボランティアを行っているという意識の元に起きる動作ではないと感じました。本当のボランティア精神は、見返りを求めず、自分がこれをやったんだ!これを残したん だ!という思いを捨て、人のために見て感じたとおりに動くということです。
 
スラムで過ごした10日間は私の考えを大きく変えてくれました。このように啓発してくださったマスターには感謝の気持ちでいっぱいです。本当にありがとうございました。


(3)今後、この経験をどのように活かしたいか
10日間で感じたことは、自分の無知さと自分の考えの甘さです。もっと世界の情勢を知るべきだと感じています。また、常に感謝の気持ちを持って行動し、どんな時も人のことを思って生きていきたいです。
 
本当に本当にありがとうございました!!
«前へ