海外ボランティア感想文

<<前へ次へ>>
rss

「笑顔!」

 written by ボランティアプラットフォーム 事務局 [カンボジア学校感想文] 投稿日時:2011/10/03(月) 11:05

【滞在期間】2011-09-02 ~ 2011-09-22 【総評】大変満足 【プロフィール】女性
 

(1)参加動機
国際協力に興味があり、旅行でカンボジアへ行った時にとても魅力的でまた行きたいと考えていたからです。また大学の副専攻として日本語教員を目指しているので、国外での現場を直接見て感じたかったからです。


(2)参加した感想
毎日がとても輝いてて、楽しくて、笑顔いっぱいでした。初めは、電気・水道・ガスがなく、道路はぼこぼこということに驚きを隠せませんでした。緊張してホームステイ先に着くと、参加者の方とホストファミリーの方が笑顔で迎えてくれて、とても安心しました。お風呂も水浴びで正直最初はどうしようかと思いましたが、実際はとても気持ちよくて楽しく入れました。
 
お昼休みに散歩をしていると、村の方々が笑顔で声をかけてくれたり、クメール語を教えてくれたりなど、言葉が通じなくても楽しくコミュニケーションをとることができました。また、家の前を通り過ぎるたびに大きな声で名前を呼んで「ご飯食べた?」などまるで自分もこの村に昔から居たように接してくれることがなによりも嬉しかったです。子供達もとても元気で人懐っこく、元気で一緒に遊んだりして毎日がへとへとでしたが、とても充実した生活でした。授業が終わった後一緒に手をつないで帰ったり、たくさんのお花をくれたり、本当にすてきな思い出がいっぱいできました。
 
授業では、集中力がなくて席をはずしたり、テストをすると「NO テストー!」など嫌がられることが多かったのが、日を経つにつれて、子供達の方から「テスト、テスト!」と言われるようになり、子供達の勉強への姿勢の変化に感動することもありました。
 
この村での生活は自然と密着していて、日本で育った私にとって不便なこともありましたが、それ以上に人の温かさや自然との共存のあり方など、日本では実感することが難しいことを沢山学ぶことができました。
 
三週間というあっという間の時間でしたが、今までで一番濃い日々を送ることができたのは、沢山の笑顔と村人や子供たちの手助けのおかげです。ボランティアをしたというよりも、自分を成長させてもらったという気持ちがとても大きいです。この笑顔に何度も感動し一緒に笑い、皆で過ごした日々は自分の財産です。
 

(3)今後、この経験をどのように活かしたいか
三週間滞在して、クメール語に興味を持ったので、本格的に学びたいと思うようになりました。また日本語教師を目指すうえで授業の進め方やコミュニケーションのとり方などを生かしていきたいと思います。

「たくさんの人に出会えて」

 written by ボランティアプラットフォーム 事務局 [カナダ・ボランティア感想文] 投稿日時:2011/09/29(木) 09:25

【滞在期間】2011-09-06 ~ 2011-09-13 【総評】大変満足 【プロフィール】女性



 (1)参加動機
 大学生活も半分が過ぎ、これから就職 活動を控え、この夏休みにもう一度自分は何をすることが好きなのか、将来何をしたいかと考えていた時にこのプログラムを知り、参加し てみようと思いました。これまでに、ベトナムの孤児院、インドのマザーテレサ施設、イタリアの小学校を訪問してきた経験を生かし、さ らに、この経験を役に立てれば、と思い参加しました。

 

(2)参加した感想
 今回、このツアーに参加して一番に感 じたものは、「人の温かさ」でした。

ホームステイ先は、優しく温かいファミリーで、たった一週 間だったけれど、観光に連れて行ってくれたり、毎日おいしいごはんを作ってくれたり、誕生日も祝ってもらい、とても大切にしてもらい ました。私の帰りが遅くなったときもわが子のように心配してもらいました。

 幼稚園の先生たちも気さくで明るく、優しく指導してくだ さり、また仕事に対する姿勢というものも勉強できました。

 子どもたちはとても元気で明るく、一緒に遊んでいる中 で、1人1人の個性がみえ、それぞれにあった対応を工夫してみたりしていました。

また、英会話の面では、ホームステイ先の他国籍の留学生た ちに積極的に話しかけ、自分のボキャブラリーの少なさを痛感したのと同時に、もっとたくさんの人とかかわるために、語学をもっと勉強 しなければいけないという意欲もわきました。

また、観光はみささんに案内してもらいたくさんカナダの良 いところを知り、他の参加者の子たちとは自分たちで街に遊びに行き、少し危険なところに行ってしまった時も、全員で協力して乗り越え ていくことができました。ホームステイ先の留学生の子たちとは毎晩話し、下手くそな私の英語でも真剣に聞き取ろうとしてくれて、仲良 くしてもらい、常に楽しい時間を過ごせました。

バンクーバー現地の人もとても優しく、道を聞いた時も、バ スで荷物が重かった時も親切な対応に温かい気持ちなったことが幾度となくありました。

このインターンが良い経験になったのもまわりの人たちのお かげだと感じることができました。


(3)今後、この経験をどのように活かしたいか
 今回のインターンで、やはり私はたく さんの人と関わり、自分の世界観を広げていくことが好きなのだということを再認識することができました。また、インターンシップ先が 幼稚園だったということもあり、子どもに関わる仕事につけたらと考えるようになりました。

ま た、先ほども述べたように、まだまだ勉強の必要性を感じ ました。特に今後グローバル化が進む中で、自分の意思を伝え、相手の意見を聞くことは最低限必要なことになってくると考えます。まだ まだ今の自分では達していないこともわかったので、これからの勉強に対する姿勢に生かしていきたいと考えています。



20110929_1-300x0.jpg

 

「『本当に必要なもの』を考えさせられた1週間」

 written by ボランティアプラットフォーム 事務局 [カンボジア学校感想文] 投稿日時:2011/09/28(水) 09:10

【滞在期間】2011-09-14 ~ 2011-09-20 【総評】大変満足 【プロフィール】女性


(1)参加動機
私は以前から、発展途上国や戦争といった関係からカンボジアについてゼミで研究していて、実際に自分の目で見て経験して、本当に何が必 要で何をすべきなのかを知りたいと思いこのインターンへの参加を決めました。また、以前観光で訪れたカンボジアとは違う一面を知る事が出来るのではと思ったからです。


(2)参加した感想
とにかくあっという間でした。初めは、この生活を1週間も出来るのかな...という不安が大きくて自分の事でいっぱいいっぱいになっていました。しかし、学校で子供たちの一生懸命勉強する姿や「先生!」と呼んでくれる姿に、とても元気をもらいました。村での暮らしも学校も、決して設備が整っているわけでは無く、それでも常に笑顔の子供たちや村の人達。日本から来た私たちには足りない物が沢山あるように感じるけれど、この村での生活を通して、日本は物で溢れているんだとつくづく感じました。本当に必要があれば生きていけるし、人や物を大切にする事がとっても大切なことだなあと思いまし た。
 
また、学校で授業をしていくうちに、この子たちは何の為に日本語や英語を勉強しているんだろう?このクラスは何を目標に教えればいいのだろう?という疑問がうまれました。ただ教えて終わりではいけないし、何か目標を持てる環境があれば良いのにと思いました。その為にも日本に帰った今、この事を考えていかなければいけないなと思いました。それと、このインターンシップには先生を志望している子が多く、その子たちと疑問に思う事などを話し合って、違った意見を聞けるのも貴重な経験だと思いました。
 
1週間のカンボジアでのインターンシップは、思っていた以上にあっという間で、本当に内容の濃い1週間でした。初めに抱いていた気持ちが嘘みたいに、最後は日本人の仲間や子供たち、ステイ先の家族とのお別れが寂しすぎて涙が止まらないほどでした。
 

(3)今後、この経験をどのように活かしたいか
私はこの経験を活かして、NGOなどで働きたいと思っています。きっとまだまだ知識や足りない物があると思いますが、自分が経験して感じた事を現地で役に立たせていきたいです。また、今回の生活を経験して、他の国へ行って適応出来る自信がついたので、様々な国でも生活してみたいと思っています。

「カンボジアに行って」

 written by ボランティアプラットフォーム 事務局 [カンボジア学校感想文] 投稿日時:2011/09/28(水) 09:09

【滞在期間】2011-09-14 ~ 2011-09-20 【総評】大変満足 【プロフィール】女性

(1)参加動機
カンボジアについてほとんど何も知らなかったので、実際に行ってみたいと思いました。さまざまなボランティア団体のボランティアプログラムを探しましたが、プラットフォームのボランティア内容は日程を自由に組める点、ホームステイができる点、小学校で授業のお手伝いができるという点でとても魅力的だと感じ、参加を決意しました。私は日 本の大学で小学校教育について勉強しているので、カンボジアの小学校の現状を見に行くことができるのを楽しみに参加しました。



(2)参加した感想
初めてひとりで飛行機に乗り海外に行くということで、とても不安がありましたが、参加して本当によかったと思っています。現地ではたくさんの日本人との出会いもあり、日本の各地からの参加者と語りあったこともとても刺激的でした。そして何より、子どもたちと過ごした時間はとても濃く、私に向けてくれたたくさんの素敵な笑顔が今でも強く心に残っています。“ボランティア”という名のつくプログラムに参加したわけですが、一週間という短い間で私がしてあげられたことはほとんどないと言ってもいいと思います。それでも子どもたちが一緒に過ごした時間を楽しいと思ってくれたことがあって、ひとつでも多くの笑顔が生まれてくれていたのならそれでいいと思っています。村での生活は日本での生活とは程遠く、きれいな水も、十分な電気も、物資もありませんでした。新しい価値観に触れ、とても多くのことを考えさせられました。観光オプションでまわった場所もとても印象的で、カンボジアの歴史を感じました。悲しい歴史もあったカンボジアですが、今は笑顔で生活している人々がいました。カンボジアは貧しくて、支援が必要な面もあると思います、でも私はカンボジアの人がみな不幸であるとは思いませんでした。みんなの笑顔が本当に素敵だったからです。村では、初めて会う人でも目が合えば笑いかけてくれました。出会ったすべての人がこの先も幸せに暮らしていってほしいという思いが自然に芽生えました。どうか地雷を踏まないで、HIVに感染しないで、穏やかに、あたたかく、少しでも豊かな暮らしを送ってほしいです。カンボジアはとても魅力的な国でした。土の色、太陽の色、木々の色、人々の温かさ、すべてのものが忘れられない思い出となりました。出会ったすべての人々にありがとうと言いたいです。カンボジアには、また行きたいと思いました。そのときはもう少しクメール語ができるように、勉強しておこうと思います。オークン
 

「人とのふれあいを通して」

 written by ボランティアプラットフォーム 事務局 [カナダ・ボランティア感想文] 投稿日時:2011/09/28(水) 09:08

【滞在期間】2011-09-07 ~ 2011-09-20 【総評】大変満足 【プロフィール】男性


(1)参加動機
普段の平凡な自分の日常生活から抜け出し、全く新鮮で、今後の自分の人生の方針を考えていくのに役立つような経験をしてみたかった。また、日ごろから英語学習に取り組んでいたので、自分の英語能力を現地の人々と触れ合いながら高めていきたいと考えた。
 

(2)参加した感想
私はこれまで海外に行った経験が無く、ボランティア活動をした経験もありませんでした。しかし大学に入学して3年がたち、何か自分にとって今後のためになるような新しい体験をしたいと強く思うようになり、思い切って今回参加を決意しました。パスポートの準備や航空券の取得などの参加の手続きが進み、出発の日が近付くにつれてそれなりに大きな不安や大変さがありましたが、今となってはそれも良い経験になったと感じています。現地に到着し、活動を始めた時に感じたことは、関わり合いの中での人々のあたたかさです。デイケアのスタッフ、また研修生たちやボランティアに参加していた人たち同士が互いに助け合い、毎日のデイケアで子供たちと接している姿を見て、とても心があたたかくなりました。私はボランティアとしてデイケアのスタッフさんたちの手伝いをし、デイケアでの主要な仕事はしなかったのですが、現場で活動していく中でデイケアというものがどういったものなのかを実感することができました。また、何かと至らない私を快く受け入れてくださったデイケアの皆さんには本当に感謝しています。特にブルールームの先生たちにはとても親切にしていただいて、とてもうれしかったです。子供たちと一緒におやつやランチを食べたり、外のプレイグラウンドや体育館で遊びまわったりしたのも、とても幸せで楽しい思い出です。もともと子どもが好きだったので、本当におしゃべりしたりするのが楽しかったです。
 
海外でのホームステイも私の中でとても良い経験になりました。ホストファミリーや他の留学生たちと毎日食事を一緒に食べたり、お互いの故郷の事についておしゃべりしたりし、本当に新鮮で楽しかったです。
 
観光ツアーも本当に楽しかったです。カナダのバンクーバーについて、事前に何も調べたりしていなかったので、有名な観光地に行ったり買い物を楽しんだりとその日一日がとても短く感じました。オプションとして観光ツアーを申し込んでおいて本当に良かったです。バンクーバーのダウンタウンは雰囲気もお店も何もかもが最高で、とても好きになりました。
 
今回のボランティア活動を通して、いろいろな人と関わり合いながら何かをすることの楽しさ、やりがい、達成感などを学ぶことができました。また、全体として今までにない充実感や達成感を得ることができ、自分の中で精神的に大きく成長できたと強く感じています。
 

(3)今後、この経験をどのように活かしたいか
人と関わり合いながら仕事をこなしていくことの意義を実感でき、また海外でのボランティア活動という非常にやりがいのある経験ができたので、これからは多くの人と関われるような活動に積極的に参加していきたいと思います。
«前へ次へ»