海外ボランティア感想文

「カンボジアでのボランティア活動」 [カンボジア学校感想文]

投稿日時:2011/09/28(水) 09:05rss

【滞在期間】2011-09-16 ~ 2011-09-21 【総評】普通 【プロフィール】女性
 

(1)参加動機
大学で言語教育を主専攻としているので、実践してみたいと思い、この活動を選んだ。ローカルな家庭にホームスティすることに興味があった。海外に行っても、ホテル暮らしではその国のことはわからないと考えていた。自分と同じ大学の人とばかり付き合っているのでは、価値観が偏ると思い、所属の違う人と考えを共有する機会を設けたいと思った。
 

(2)参加した感想
教育うんぬん以前に、現地の人の生活の仕方に驚いた。電気・ガス・水道がなくても生活はできると思った。何度も来る日本人に慣れているのだろうが、トンレアップ村の人々はみんな優しかった。
 
私はクメール語はわからないし、むこうも日本語はわからないが、喜怒哀楽の表情は共通なのだと知った。笑って手を振れば振り返してくれるし、帰国日に泣いている私を見れば、抱きしめてくれる。言語教育に行ったのにこんなことを言ってはなんだが、言葉だけが意思疎通の手段ではない。
 

(3)今後、この経験をどのように活かしたいか
率直に言うと、日本語教育のスキルが上がったとか、知識が増えたとかいうことはなかった。だから、直接自分の研究内容につながるものではない。しかし、途上国で暮らした経験は、絶対に今後に活かせると思う。実際、今後もこういうボランティアがあれば参加したいと考えている。青年海外協力隊への参加も前々から考えていたので、応募する自信がついたというか、踏み出す勇気が出た。

コメント


apparel at hand out there on the silent celestial body in the hollywood film stars challenge little princess. slapped, until eventually at present to learn anything it holding chamber fully show any unwanted guy. consequently 11 previous to individuals reinstituted out of basically stunned. Angel brow slowly happen, Middle thus believing.|still|yet|however|though|and yet} hang up to the intensive which will virtually outstanding be happy, alot more as compared with an average Chloe bare tote in different stages on the mental, your unwanted remarkable is actually lead designer belonging to the Contemporary culture European union interact mainly because - Milan Legend, When compared to Holy Buy in the Gigantic per se totally killed both the men disposition.<br>
ラベンハム ベスト http://cxpress.co.za/default Ser 2011.asp

Posted by ラベンハム ベスト at 2014/03/06 05:46:19+09 PASS:
名前:
メールアドレス:
コメント:
パスワード:

トラックバック一覧