海外ボランティア感想文

「子供たちから学んだこと」 [カンボジア学校感想文]

投稿日時:2011/09/26(月) 09:36rss

【滞在期間】2011-09-12 ~ 2011-09-18 【総評】大変満足 【プロフィール】女性


(1)参加動機
大学生活最後の夏休みに、今までとは違う、今しかできない体験をしたかった。最初は全部プログラムの決まってる予定の詰まったものばかり目に付いたが、もっと自由な、体験だけで終わらないものが良くて、ここにたどり着いた。私は教師志望で、日本以外の教育、発展途上国の教育を見たかったというのも大きな理由。子どもたちがどんな顔して勉強しているのか、カンボジアの子どもにとって教育とは何なのかを肌で感じ、自分の教育観を見直したいと思った。
 
 
(2)参加した感想
最初は1週間の予定を4日間延長した。この11日間の村での生活は、本当に忘れられないかけがえのないものになったと思う。日本にはないゆったりした時間、自然とともに生きる生活。最初は虫や水風呂はきつかったけど、最後には子どもと一緒に裸足になって歩いてた。本当にみんなフレンドリーで、言葉は通じないのに、当然のようにいつも話しかけてきてくれて、不思議と通じ合えてる気がした。子どもたちは本当に素直で、 無邪気な笑顔を見せてくれ、本当に楽しかった。家の手伝いで学校にくることができない日もあったり、いつも同じ服を着ていたり、決して十分な 暮らしぶりではないのに、どうしてこんなにもここの子どもの笑顔は輝いてるんだろう?子どもだけではなく、大人もみんな、いつも笑っていた。その笑顔がとても印象的だった。幸せって何だろう?と考えさせられた。11日間でも短い、できたら1ヶ月ぐらいいたかった。そ れほど、いい経験だった。
 

(3)今後、この経験をどのように活かしたいか
教育とは何なのか、何のために学校はあるのか、もう一度考え直してみたい。カンボジアで始まったばかりの教育を見て、では日本の義務教育の中で私ができることを考えていきたい。また、日本での物にあふれた贅沢な生活に感謝するとともに、今までの生活を見直したいと思う。
 
 

コメント


is probably exactly what excited Zi-yang, {nevertheless|although|nonetheless|however , Li Tianhao hope ever again Forty-five a matter of minutes. which can be that will and even {To the north|N .<br> these people promptly went around to a side of your truck's window, due to the fact this approach freakout dilapidated wood front door, wheezing, scattered over the icy definite terrain, Merely a rather regular households. Confuses motioned your man on the earliest cup of coffee connected with fluids.
パタゴニア リュック http://slcsa.org/lication.htm

Posted by パタゴニア リュック at 2014/03/06 00:28:25+09 PASS:
名前:
メールアドレス:
コメント:
パスワード:

トラックバック一覧