タイ山岳民族支援NGO スタッフ日記

ラフ族の村のお正月に御呼ばれされて [ボランティア]

投稿日時:2011/02/08(火) 17:23rss

昨日、ラフ族の村のお正月に御呼ばれされて、ボランティアさんたちと共にラフのお正月を楽しんできました



ラフ族のお正月は、中国の旧正月とほぼ同じ日にスタートし、14日間続きます。
お正月の初日は、早朝から準備をしなければいけません。
まだ鶏も起きない真っ暗な時間から、村人たちは各家で餅をついたり、各家の神様に捧げるための豚を殺します。
眠い目を擦りながら、その日の正午過ぎには村人全員が集まり、村の中心地にお正月のための支柱が太い竹で塔を作り、それに飾り付けをしたり、御餅やお米、お水、ロウソクに加えて、大きな豚の顔が捧げられます。
夜になると一晩中、その塔の周りに村人が集まり、伝統的な楽器を打ち鳴らしながら、踊りを踊ります。それも、14日間続きます。

ラフ族の信仰上のオキテでは、この14日間、農作業や日雇いのような仕事を一切してはいけません。
村人たちは、1日中酒を飲み、豚肉料理を食べ、来客の接待をしながらのんびり過ごします。

私たちNGOのスタッフやボランティアも、勧められた酒や料理を食べ続け、その後少々踊りを踊り、腹満腹で事務局に戻ってきました。
14日間こんなお正月を過ごしていたら、5キロ以上は体重が増えます。
「正月ぶとり」とはラフ族のための言葉ではないかとしみじみ感じた1日でした。

コメント


腕時計ブランド一覧
オメガ オーバーホール http://www.do62.com/

Posted by オメガ オーバーホール at 2013/10/17 14:18:34+09 PASS:

ナイキ コルテッツ
nikeplus http://www.fuhuiled.com/

Posted by nikeplus at 2013/11/07 19:16:55+09 PASS:
名前:
メールアドレス:
コメント:
パスワード:

トラックバック一覧